高瀬 あつこ (たかせ あつこ)

党高岡市委員会女性部長

高瀬 あつこ

たかせ あつこ

ご一緒に、市民本位の清潔な高岡市議会を

活動報告

すべて表示

プロフィール

趣味ウォーキング、茶道、美術鑑賞
住まい中川本町在住
家族漆器加飾業の夫と長男の3人暮らし

略歴

1962年福野町生まれ
井波高校、橘女子大(現・京都橘大学)卒業
福野町農協、CO・OPとやま勤務を経て、現在、党高岡市委員会女性部長

私の歩み

私は高岡市で子どもの医療費助成を拡充したいと、お母さんたちと話し合い、署名運動に取り組み、6,000人の署名を集め、市に申し入れしました。それがきっかけとなり、2014年10月より通院・入院とも中学3年生まで無料化が実現しました。

他にも、高岡市の水道料が富山市の2倍も高いと知って署名運動に取り組み、県や市と交渉して値下げを実現したり、学校の耐震化問題に取り組むなど、いつも市民の皆さんと手を取り合い、くらしと向き合って来ました。

県民のいのちとくらしを守るため、まっすぐに粘り強くがんばります。

すべて表示

政策

「くらし応援」の願いは、切実

「くらし応援」の願いは、切実結婚も子育ても困難にする非正規雇用が広がり、年金は削られ、その一方で、消費税や介護保険料は上がるばかり。子ども、若者、子育て世代から高齢者まで、貧困と隣り合わせの生活が広がっています。

未来に希望を~For Young People ~

未来に希望を返済不要の奨学金制度の創設
ブラックバイトの根絶
中小企業を支援し、最低賃金を時給1,000円に。

安心の子育て社会を~Support Families~

安心の子育て社会を子育て世代に住宅支援
小中学校の普通教室にクーラーを
保育料を引き下げ

心満たされる生活を~For Senior Citizens~

心満たされる生活特別養護老人ホームの増設で、待機ゼロを実現。
コミュニティバス・デマンドタクシーなど交通弱者のための公共交通機関の整備を。
国保税・介護保険の負担を減らします。

志賀原発の廃炉

再稼動に反対、再生可能エネルギーの利用拡大を進めます。

安保法制反対

平和なくらしを保障する憲法9条を守ります。

政務活動費の不正を許さない

政務活動費を完全後払い制に。
政務活動費使途基準のさらなる厳格化。
過去5年間に遡り政務活動費使途のネット公開

活動フォト

すべて表示

Twitter

Facebook

メッセージ送信

以下のフォームより、高瀬 あつこさんへメッセージを送ることができます。




送信ボタンを押したら確認画面無くすぐに送信されます。

このページをシェア