当落争うたたかいは、投票箱の閉まるまで。

2016年10月22日 23時59分32秒 by

今朝の北日本新聞報道です。

自民の酒井氏が一歩リードとしています。酒井さんの地元では、「共産党に逆転されないよう気を引き締めろ」との声が聞こえているそうです。

そんな単純に逆転ということは考えられませんが、彼らの足元に「今度は共産党、高瀬」の声が広がっていることは明らかです。

あちこちで手を振る人、電話作戦で、「入れてきたよ」という声などからして、かつて私たちが経験したことのないような支持の広がりを感じています。これを票にしていけるかどうかは、明日の投票日、投票箱の閉まるまでの戦いにかかっています。

投票に行こう! この声を広げに広げます!

20161022北日本新聞、選挙情勢

次の記事

必ず、朝は来る!

みなさん、おはようございます。 昨日、投開票の県議補欠選挙・高岡選挙区で、私は市民のみなさんから、11.210票という、これまでにないたくさんの票を獲得さ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このページをシェア