5年半の党三重県北勢地区委員長の任務を終える

2017年03月01日 21時21分25秒 by

2月26日に、第57回三重県北勢地区党会議が開かれました。北勢地区内での市民と野党の共闘の闘いの教訓を確信に、来るべき総選挙で市民と野党の共闘の本格的前進と、日本共産党の躍進をめざす方針を決定しました。衆院東海比例ブロックでは、本村・島津両衆院議員に加え、私を3人目の比例候補として、必勝で臨む、そのために一層の闘いの発展と、党を強く大きくする決意を固めあいました。

 この地区党会議では、新しい地区委員長として内藤弘一さんをはじめ、新しい地区役員を選出しました。内藤さんは、私と一緒に北勢地区委員会で、副委員長として活動されてきた方です。

 私は、2011年4月の統一地方選挙で津市と四日市市で議席を得ていた党県議を空白にしたことから、県議席奪還をめざして、同年7月に党北勢地区委員長になりました。それから5年半、北勢地区内の党員、読者、支持者、各種団体・個人の皆さんには、多くのお力添えを頂き、活動することができました。ありがとうございました。

 会議の休憩時間中には、特別ゲストで、オスプレイの模型をつかって、沖縄での墜落事故や、機体の特殊な構造について、解説をして頂きました。オスプレイの模型は、解説者の方がみずから手製で作成されたもので、もちろんプロペラなどすべて動く、よくできた模型です。いつでも模型を貸し出してくれるということですが、お話しいただいた解説が非常によく、ぜひ各地でお話しいただきたいと思いました。

オスプレイの機体の特徴について説明していただきました

オスプレイの機体の特徴について説明をして頂きました

 

前の記事

愛知県の知多地域で日本共産党の風吹かせようと街頭から訴える

愛知県半田市で長友愛知県知多地区委員長と宣伝する中野たけし 愛知県武豊町・美浜町で地元党議員や支部・後援会の皆さんと宣伝する様子 2月24日は、引き続き...

次の記事

津市女性後援会の春のつどいに参加しました

 ひな祭りの3月3日、三重県津市の女性後援会が春のつどいを開催しました。私と岡野三重県議、長谷川・中川両津市議、落合元県議が参加し、お話をさせていた...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このページをシェア