6月市議会の一般質問の概要

2017年06月23日 13時02分41秒 by

市民目線で、デマンド型交通を地元事業者と共に

市長は2期目公約で「デマンド交通も視野に具体化」とし、大桑、伊自良、高富・富岡地域にデマンド交通の運行という素案を決めたが、6月になり運行図から削除された。理由を明らかにすべきだ。

また、3月議会後に企画財政課も参加し、東京の交通コンサルタントに「山県市のデマンドバス診断」の提案を受けたが、この内容を市長は承知しているか。

 

 

 

提案は●「事前登録制」が必要ない。観光客も利用できる。●30分前予約も不要で、その場で電話予約が可能である●山県市のような広域な地形でもこの仕組みが有用で、美山地域750万円、高富伊自良大桑地域含めて総額4100万円の提案である。今と変わらぬ金額だがこの提案をどう受け止めるか。最後に、平成23年に議会から林市長に「デマンドバスの本格的な導入を」と提言書が出ている。公約実現に、どう取り組むか。

以上のような一般質問を行ないました。詳細は今後発行する市民報47号にて、ご覧下さい。

前の記事

国保都道府県単位化に伴う請願についての賛成討論

福井かずのり市議は本日(6月23日)の山県市議会本会議にて、以下の請願に対する賛成討論を行ないました。全文をご紹介します。なお、採決結果は賛成1(福井...

次の記事

美谷学園「児童養護施設」移転説明会の報告

3月議会で取り上げた「美谷学園の児童養護施設移転問題」についての移転説明会が、6月22日、午後7時から高富公民館で開催されました。総勢60名余の参...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このページをシェア