三重県多気町で集いに参加しました

2017年07月28日 21時14分01秒 by
三重県多気町の集いで訴える中野たけし

三重県多気町のつどいで訴える中野たけし

28日は、三重県多気町で行われた集いに参加しました。最初に、東京都議会議員選挙の報告演説会のDVDを視聴し、その後、私から、本日、報道された稲田大臣の辞任表関わる問題や、改憲問題、市民と野党の共闘などについて訴えました。参加者からは、中山間地域では、農業の後継者もおらず、田畑が荒れ放題になっていること。食料を輸入に頼る今の政治を正して、後継者が生まれ、食料自給率向上へ、日本共産党への期待の声が寄せられました。また野党共闘における共通政策づくりの問題や、大企業の内部留保の問題など、質問が出され、懇談しました。

 私は、2004年から2010年まで参院三重選挙区候補として活動していたことから、多気町の皆さんにたびたびお世話になってきました。しかし、2011年の統一地方選挙で日本共産党の県議席空白にしたことを機に、「日本共産党の県議席奪還を」と5年半、三重県北勢地区委員長をしていたことから、多気町の皆さんとこうしてひざを交えて話し合うことができたのは7年ぶりです。長く日本共産党の町会議員をされていた川辺さんも来ていただき、激励もいただきました。ご参加いただいたみなさん、ありがとうございました。

前の記事

名古屋市内で街頭宣伝行う

名古屋市南区で訴える中野たけしと高橋名古屋市議 26日は、名古屋市南区・瑞穂区で高橋市議、支部・後援会の皆さんと一緒に街頭宣伝を行いました。午後からぐ...

次の記事

日本共産党岐阜県委員会が党創立95周年記念レセプションを開催しました

松岡党岐阜県委員長のあいさつ 武田参院議員あいさつ 衆院選挙の決意を表明する岐阜県の小選挙区予定候補の皆さんと中野たけし 30日、日本共産党岐阜県委員会...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このページをシェア