産廃中止を! 県知事に直談判

2017年08月03日 10時20分45秒 by

 

  7月26日、愛知県保険医協会や県内の環境団体が取り組む「健康と県境を守れ!愛知のいっせい行動」が行われました。設楽ダムやリニア新幹線の問題などとともに、西尾市の産廃中止を求め前田議員が参加しました。「西尾市では、産廃中止を求める新市長が誕生し、議会も町内会も漁協も市長も、西尾市一致して「反対」している。知事も反対をと直談判。知事からは「まだ、地元から話がないので…」と曖昧な答弁に終始。

影響調査会を設立 西尾市
 西尾市では「産廃処理施設建設計画影響調査会」を約7名の教授など専門家で設置する予定。計画されている一色の沿岸部での産廃計画により、自然・産業・生活への影響などを調査し可否も含め研究することにしています。担当課は「産廃に反対する市長のもとで、県に対し反対行動をするための理論武装、反対の根拠・裏付けが必要」と述べています。産廃中止の方向への協議が進むことが期待されていますが、引き続き大きな市民運動こそが大事です。

 

 

 

前の記事

PFI見直し、産廃中止の緊急要望書

28日、中村市長に日本共産党議員団として「PFI見直し、産廃中止など市政運営にあたっての緊急要望書」を提出しました。ご意見など頂ければ幸いです。 以下、...

次の記事

PFI全面見直しへ

8月9日、市議会全員協議会が開催され、市長から「PFI事業をいったん凍結し全面的に見直す」との方針が明らかにされました。 吉良支所棟や旧一色支所の...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このページをシェア