中小企業への金融支援の強化 【金平市議】金融円滑化法 廃止後の「貸付条件の変更」への金融機関の対応は?

2017年08月17日 20時43分45秒 by

6月市議会の本会議で金平市議は「金融円滑化法の廃止後の条件変更への金融機関の対応は、中小企業の目線に立ったものになっているか。」と質問しました。産業振興部長は「各金融機関では、

金融円滑化法の期限到来後も金融円滑化に関する基本方針を定め、貸付条件の変更や資金の提供に積極的に取り組んでおられる。

 金融庁が公表している中小企業者むけ貸付の条件変更状況によると申し込みから審査中の案件を除いた実行割合が、金融円滑化法の期限到来前から現在まで9割を超えており、借り手側の立場に立った条件変更が継続的に高い水準で実行されていることが伺える。

 今後も各金融機関においては、引き続き貸し付け条件の変更等の適切な対応を図るよう本市としてもお願いしてまいりたい。」と答弁しました。

  第773号 2017年8月17日

前の記事

高岡市総合体育館の新築工事が入札参加辞退で入札中止に。二上まなび交流館2階宿泊棟の一部が利用休止に。

高岡市が2020年春の供用開始を計画している総合体育館(仮称・二塚地内)の建設工事について、入札中止という事態が発生しました。また、二上まなび交流...

次の記事

高岡市立博物館の外壁の崩落問題と移転改築に関する要望書

高岡市教育委員会教育長 氷見 哲正様                                  2016年11月10日                ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このページをシェア