愛知県第4次キャラバンで名古屋市緑区で街頭演説

2017年08月22日 21時21分19秒 by

名古屋市緑区での宣伝の様子

愛知県名古屋市緑区で街頭宣伝する中野たけしと党と後援会の皆さん

名古屋市緑区での宣伝の様子

愛知県名古屋市緑区での宣伝の様子

 

 今日は、愛知県第4次キャラバンで名古屋市緑区内で街頭演説をしました。2月のキャラバンで訴えて以来で、前回お世話になった党と後援会の皆さんと一緒に宣伝しました。各所で後援会の皆さんが宣伝カーが来るのを待っていてくれ、一緒に宣伝や訴えを聞いていただきました。

 

 今日は午後から突然の雨が降るかもわからないという予報通り、宣伝の途中、ゴロゴロと雷の音がなりだしました。しかし雨には降られることなく、宣伝をすることができました。

 北朝鮮がグアム島周辺にミサイル発射を計画している問題で、北朝鮮の軍事的挑発に対し、トランプ大統領も軍事的威嚇で応じるという中で、緊迫した状況が続いています。一方、韓国大統領は、再び朝鮮半島で戦争をさせてはならないと訴え、米政府高官からも、「対話の用意がある」というメッセージが発信されています。この間、志位委員長が、同問題での日本共産党の考えを声明で発表しましたが、何よりも、危機を作り出した張本人である北朝鮮は、直ちにミサイル発射計画をやめるべきです。同時に、米朝ともに、直接相手の意図を確認するすべを持たないまま事態をエスカレートさせることは、双方の意図に反して偶発的な軍事衝突になりかねないだけに、危機的事態打開へ、米朝の直接対話を実現させる必要があります。米朝の直接対話を実現するため、日本政府としても外交努力を行い、直接対話実現させ、核・ミサイル問題打開へ力を注ぐ必要があります。

 今日は、交差点前での宣伝、住宅街での先で、スーパー前での宣伝の各所で、足を止めじっと話を聞いてくれる姿がありました。そして手を振って声援していただく方が各所でありました。こうした声援に励まされながら、宣伝を続けています。ありがとうございます。
前の記事

2017原水爆禁止世界大会・長崎大会に参加して

原水爆禁止世界大会―長崎大会に出席する中野たけし 今年の世界大会は、7月7日に核兵器禁止条約が採択された直後の歴史的大会として、禁止条約から完全廃絶...

次の記事

愛知県春日井市で街頭宣伝と集いに参加しました

23日は、引き続き愛知県キャラバンに合流しました。春日井市内で街頭宣伝と集いに参加しました。 集いでは、三重県南島町出身の方も参加され、親しく懇談させ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このページをシェア