今日は猛暑日‼ 愛知県一宮市でキャラバン宣伝に参加

2017年08月25日 07時33分37秒 by

24日は、朝からぐんぐん気温が上がり、35度を超える猛暑日に。愛知県一宮市をめぐる総選挙勝利をめざす第4次キャラバン宣伝に合流しました。

彦坂市議・尾関市議と一緒に一宮市駅前で訴えていると、20代の男性が「共謀罪は絶対に反対です。共産党には絶対頑張ってほしい。応援してます」と、声をかけてくれました。また、住宅街の宣伝でも演説を始めると、ご夫婦と、女性が家から出てきて、炎天下にもかかわらずじっとお聞きいただきました。「暑い中だけど、頑張ってください」と、激励を頂きました。本当にうれしい場面でした。今日は夕方の一宮駅宣伝でも、あちらこちらで演説に耳を傾けて頂く姿がありました。暑い中でしたが、支部・後援会のみなさんも一緒に宣伝し、勢いある宣伝となりました。

愛知県一宮市での宣伝の様子

愛知県一宮市で宣伝する中野たけしと彦坂・尾関両市議

愛知県一宮市での宣伝の様子

愛知県一宮市での宣伝の様子

一宮駅前での宣伝の様子

一宮駅前での宣伝の様子

 

志位委員長は、24日の記者会見で北朝鮮のミサイル発射計画に対して、日本共産党が8月12日に、北朝鮮によるミサイル発射計画に対して米朝間の緊張が軍事衝突の危険をはらむ新たな段階に深刻化する下で、米朝両国に対して強く自制を求めるとともに、危機打開のために、無条件で米朝直接対話に踏み出すことを呼びかける声明を発表しました。

日本共産党は、米国については大使館に声明を届け、北朝鮮についてはニューヨークの国連代表部に届けました。韓国については、日韓・韓日議連合同幹事会で訪韓した穀田・笠井両国会議員が、李首相と懇談した際に、声明を渡して説明しました。この中で、米大使館からは、「声明の送付に感謝する。本国に伝える」と話し、韓国・李首相からは、「とても大事な提起だ」という発言がありました。

この間、なお危険をはらみつつも、注目すべき動きが起こっています。米国政府高官から、これまでは「北朝鮮が非核化の意思と行動を示すこと」を、対話の条件にしていたのを、「これ以上の軍事挑発を停止すること」を条件とすると、大幅にハードルを引き下げる発言をしていることです。また韓国大統領も、15日の演説で、「対話による解決」を呼びかけ、「北朝鮮が追加的な核とミサイル兆発を中断してこそ、対話の条件が整えられる」と強調しました。追加的な軍事挑発を停止すれば、対話の環境が作られるという点で、米韓が足並みをそろえたことは重要です。さらに、ロシア・中国も、「対話による解決」を呼びかけています。

 対話による解決を模索する国際的動きの中で、日本政府としても外交努力を強めることが求められますが、日本政府の異質な態度が際立っています。管官房長官は、「対話のための対話では意味がない」と発言。対話による解決を否定する発言をしています。河野外相も「非核化に向けた、明確な医師と行動を北朝鮮が出すまでは、圧力の時だ」と述べ、「非核化の意思と行動」を改めて対話のハードルに持ち出しました。

 いま国際社会は、対話による対決へ、努力が強めています。米国政府が、「対話の用意がある」と表明し、対話のハードルを「非核化の意思と行動」から「これ以上の軍事挑発の停止」に引き下げて、外交的解決を模索しています。韓国もロシアも中国も、「対話による解決」を呼びかけています。そういう時に日本政府だけが対話を否定する態度を続けるのではなく、日本政府こそ「対話による解決」を主張し、それが実るために行動する必要があります。

 

前の記事

愛知県春日井市で街頭宣伝と集いに参加しました

23日は、引き続き愛知県キャラバンに合流しました。春日井市内で街頭宣伝と集いに参加しました。 集いでは、三重県南島町出身の方も参加され、親しく懇談させ...

次の記事

三重県四日市市で集いに参加しました

三重県四日市市内で行われた集いの様子 集いの様子 参加者と懇談する中野たけし 28日は、三重県四日市市内で集いに参加しました。 山本県議、太田市議と、衆...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このページをシェア