三重県松阪市で街頭宣伝、夜は津市に

2017年10月15日 21時52分54秒 by

三重県松阪市での街頭宣伝

三重県松阪市で訴える中野たけしと久松市議

久松市議の応援をえて訴える中野たけし

栗谷市議の応援を得て訴える中野たけし

栗谷市議の応援を得て訴える中野たけし

今日は、本降りの雨です。しかし、松阪市の党と後援会の皆さんが各所で集まっていただき、プラスターをもって、一緒に元気よく宣伝。3名の松阪市議団(久松市議、栗谷市議、殿村市議)と一緒に街頭から訴えました。
スーパー前ではじっと演説を聞く人、手を振って応援していく人。信号待ちの車が発信すると、大きな車から男性が、「共産党、絶対頑張ってよ!」と、窓を開けて大きな声で大激励を頂きました。
夜は、津市で決起集会に参加しました。
 
この選挙の最大の争点は、安倍政権を続けさせていいのか、これが問われる選挙です。市民と野党の共闘で安倍政権を退陣に追い込むために、本気で共闘を進めてきた日本共産党。そして、安倍政権に対する最も厳しい対決者である日本共産党を比例代表選挙で躍進させることが、安倍政権に対する最も厳しい審判となります。
 
この選挙は、各政党が憲法9条改正を公約に掲げて闘われる、戦後初めての選挙です。そして選挙前に発足した希望の党も、9条を含めた改憲の立場を鮮明にしています。つまりこの選挙は、安倍政権・維新の会に希望の党を加えた「改憲大連合」対、「市民と野党の共闘」が激突する選挙となっています。絶対に負けるわけにはいきません。憲法9条を守り抜くためにも、市民と野党の共闘の勝利と日本共産党の大躍進させていただき、改憲勢力を少数に追い込もうではありませんか。憲法9条を守り抜く皆さんの思いを、比例代表選挙で日本共産党に託してください。
 
消費税増税も大争点です。消費税に頼らない財源の道筋を政策ではっきりと示す日本共産党を比例代表選挙で伸ばすことは、消費税NO!にとどまらず、消費税に頼らない道に政治を進めていく力となります。消費税増税はイヤ!消費税に頼らない財源で政治を進めてほしいと願う、その思いを、比例代表選挙で日本共産党に託してください。
 
格差と貧困の大本には、非正規雇用の拡大があります。日本共産党は、派遣労働は一時的・臨時的なものに限定する派遣法の抜本改正で、雇用は正社員が当たり前の、安定した雇用の実現に全力を尽くします。雇用は正社員が当たり前、この願いを比例代表選挙で日本共産党に託してください。
前の記事

静岡県浜松市で宣伝、午後からは本降りの雨に。正社員中心の安定した雇用の実現と、中小零細業を含めた労働者の大幅賃上げの実現を勝ち取ろう!

静岡県浜松市で街頭演説をする中野たけし 訴える中野たけし 平賀県議の応援を得て街頭演説する中野たけし 訴える中野たけし 今日は、静岡県浜松市で街頭宣伝...

次の記事

本降りの雨の中を、50代の労働者がじっと演説を聞いてくれました

東海ブロック一斉宣伝行動に取り組む中野たけし 四日市市で一斉宣伝に取り組む様子 三重県四日市市で街頭演説する中野たけし 演説をする中野たけし 今日は、...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このページをシェア