静岡県掛川市、磐田市で、「比例は共産党」の大波をつくろうと、宣伝重ねる

2017年10月19日 22時16分55秒 by

後援会の皆さんとプラスターを掲げて元気に宣伝

後援会の皆さんとプラスターを掲げて元気に宣伝

多くの皆さんと一緒に宣伝

多くの皆さんとともに宣伝

 

今日は、静岡県掛川市、磐田市で街頭宣伝をしました。朝から本降りの雨。しかし、雨にも負けず、地元の党と後援会の皆さんが車を連ねて、一緒にプラスターをもってアピール宣伝。元気が出ます。雨にもかかわらず、家から出て聞き入る人、「声が聞こたえたから、出てきました。ぶれずに、信念をもって訴えている。自公300議席、あんなのとらせてはいけない。息子とも話している。比例は共産党。必ず入れます。がんばってください」と、話してくれた女性。

磐田市で訴える中野たけし

静岡県磐田市で、根津市議と訴える中野たけし

訴える中野たけし

磐田市内で訴える中野たけし

磐田市内で訴える中野たけし

磐田市では、「今やるべきは消費税増税ではなく、国民の所得を増やす経済政策への転換」であること。消費税に頼らない財源という点では、「大企業・富裕層に対する優遇税制を改めれば、5兆円の財源確保ができること。5兆円というのは、消費税を8%から10%に上げるのと同じ金額です。大企業・富裕層への優遇税制をあらためれば、国民保険料を1人1万円引き下げることも、保育の無償化も実現できます。この方向に政治を変えるために、比例代表で日本共産党を伸ばしてください」・・・。

こうした訴えに、最後まで高齢の女性が聞いてくれ、手を振って激励を頂きました。2人の子供連れのお母さんも激励をしてくれました。ご一緒に、日本共産党を伸ばして、消費税に頼らない財源で、国民の暮らしを豊かにする政治に変えていきましょう。

選挙最終盤に入っても、なお4割の有権者が投票先を決めておらず、模索が続く中での選挙です。市民と野党の共闘の勝利と日本共産党の躍進で、マスコミ予想をくつがえし、安倍政権に退場の審判を下しましょう。市民と野党の共闘にぶれずに頑張る日本共産党を伸ばしてください。「比例は、共産党」、広げに広げぬいてください。私は、東海比例代表で、共産党名簿登載3番目の候補者です。島津・本村前衆院議員の議席を絶対確保し、さらに3議席以上、勝ち取らせてください。

前の記事

愛知県小牧市・犬山市で街頭演説。夜は演説会にで大口町・一宮市へ

小牧市の駅前で街頭演説をする中野たけし 小牧市内のスーパー前で演説する中野たけし プラスターを掲げて後援会の皆さんと一緒に宣伝をする中野たけし 犬山市...

次の記事

私を知る若者2人組が、私が演説をするということで、待っていてくれ激励してくれるうれしい出来事がありました

四日市市で宣伝をする中野たけし 激励が相次ぐ中訴える中野たけし 訴える中野たけし 今日は雨の中ですが、激励の数、「頑張ってよ」「入れるよ」「ぶれない共...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このページをシェア