最終日は、地元・三重県鈴鹿市と、夜は、野村まさひろ三重3区候補と四日市市で最後の打ち上げ宣伝

2017年10月21日 22時43分09秒 by

三重県鈴鹿市で宣伝する中野たけし

三重県鈴鹿市で宣伝する中野たけし

後援会の皆さんと一緒に宣伝する中野たけし

鈴鹿市議団、後援会の皆さんと一緒に宣伝する中野たけし

選挙戦最終日は、地元・三重県鈴鹿市で、党と後援会の皆さんと一緒に宣伝を重ねました。宣伝カーに向かって、指で丸印をつくって、入れたよと激励してくれる50代男性、演説を聞いて手を振ってくれた10代の2人組の女性など、各地で激励を頂きました。

最後の打ち上げ演説は、四日市駅前で、野村まさひろ三重3区候補と一緒に宣伝しました。演説をしていると、50代・60代の男性が続けざまに、「頑張ってよ」と声をかけてくれる。10代の女性、20代の男性、40代の男性がじっと演説を聞いてくれ、駆け寄ると、「頑張ってください」と共産党にあつく激励してくれがっちりと握手するなど、本当に最後の最後まで、マスコミ予想を覆して何としても安倍政権退陣を!。そのために、市民と野党の共闘の勝利と日本共産党の躍進を!。これにこたえてくれる反応が返ってきます。

選挙結果を決めるのは、「マスコミの予想」ではありません。主権者一人一人の小さく見える1票、1票が、安倍政権を退陣に追い込む力となり、政治を変える力となるのです。市民と野党の共闘の勝利、そして「比例は共産党」、最後の最後まで、支持の輪を広げに広げぬいて、勝ち抜かせてください。安倍政権を退陣に追い込みましょう。そのために、「比例は共産党」、この支持の輪をご家族、友人、お知り合いに広げに広げぬいてください。ご一緒に政治を何としてもこの選挙で変えましょう。

 

☆この選挙は、最後の最後まで、「どの政党に自分の1票を託したらよいか」、有権者の模索が続く中での選挙戦でした。それを反映して、演説を聞いてくださる方が本当に多く、演説を聞いた人が激励をくれる場面が本当に多い選挙でした。

この選挙は、選挙直前に、市民と野党の共闘に分断が持ち込まれました。しかし、日本共産党は、市民と野党の共闘こそ、安倍政権を退陣に追い込む決定的力であると、ぶれずに共闘の旗を高く掲げ、大義の旗を高く掲げ続けました。そして、逆流に抗して、総選挙を昨年の参院選に続き、共闘を前進させて選挙をたたかいました。マスコミの予想を覆し、市民と野党の共闘を何としても勝利させ、安倍政権を退陣に追い込もうではありませんか。そして、市民と野党の共闘をぶれずに貫く日本共産党。この日本共産党を伸ばすことこそが、安倍政権に対する最も厳しい審判の1票であり、安倍政権を退陣に追い込む力となります。明日の投票日、「比例代表選挙は、日本共産党」、この支持の輪を広げに広げぬいてください。

☆この選挙は、憲法9条を守るのか、変えてしまうのか。これまでの選挙とは、まった く違う日本の進路を決める、極めて重要な選挙です。希望の党も、憲法9条を含めて改憲の立場を鮮明としています。つまりこの選挙は、安倍政権・維新の会・希望の党の「改憲大連合」対、「市民と野党の共闘」が激突する選挙です。絶対に負けるわけにはいきません。憲法9条を守り抜くために、市民と野党の共闘の勝利、そして「比例代表選挙は、日本共産党」に、支持の輪を広げに広げぬいていただき、改憲勢力を少数に追い込む結果を作り出そうではありませんか。憲法9条を守り抜く1票を、「比例は、日本共産党」に託してください。

☆消費税10%増税の是非が争点となる選挙です。消費税増税反対は当然ですが、それ以上に私が重視していることは、経済を立て直すためにも、安定した税収入を確保するためにも、国民の所得を増やす経済政策への転換こそが、いま求められているということです。私は、国民の所得を増やす経済政策の転換を訴えて選挙をたたかいぬきました。大企業は、過去最高のもうけを上げ、内部留保は400兆円を超えています。この内部留保を、正社員中心の安定した雇用の実現と、中小零細を含めた労働者の大幅な賃上げによって国民に還元をさせていくことが必要です。この実現に、私は、「派遣労働は一時的・臨時的なものに限定する派遣法抜本改正で、雇用は正社員が当たり前の、安定した雇用の実現」を訴えました。そして、中小零細を含めた労働者の賃上げ実現を勝ち取るという点では、すでにアメリカやヨーロッパでは中小企業支援と一体に、最低賃金の引き上げや労働者の賃上げを勝ち取っている実例を挙げ、大企業と中小企業との間に、下請け単価を保障するなど公正な取引ルールの確立、賃上げ予算の拡充で、中小零細を含む労働者の大幅賃上げの政策を訴えぬきました。こうした政策を実現させるため、「比例は、共産党」と、みなさんのご支持をお寄せいただき、私を国会へ送り出してください。

☆消費税に頼らない財源では、大企業・富裕層への優遇税制わらためれば、5兆円の財源確保ができます。そうすれば、消費税を10%に上げなくても、例えば国民健康保険料の1人1万円の引き下げや、保育料の無償化も実現することができます。この方向で政治を変えるために、「比例は、共産党」とご支持頂き、支持を広げてください。ご一緒に政治の流れを変えようではありませんか。

☆明日は投票日です。選挙結果は、世論調査が決めるのではありません。主権者一人一人の皆さんの、1票1票が決めます。世論調査の予想をくつがえし、市民と野党の共闘の勝利で安倍政権退場の審判を下しましょう。そして市民と野党の共闘にブレずに頑張りぬく日本共産党。日本共産党への一票は、安倍政権に対する最も厳しい審判の1票、安倍政権を退場させる1票となります。ぜひ、「比例は、日本共産党」と、支持の輪を広げに広げぬいてください。

☆私は、東海比例代表選挙(定数21)で立候補をしています。日本共産党の名簿登載3位の候補者です。前回・2014年総選挙で日本共産党は、2議席を獲得させていただきました。今度は、私を含めて何としても3議席以上を獲得させてください。皆さんの「比例は、日本共産党」という1票、1票で、私・中野たけしを国会へ送り出してください。ご家族、友人、お知り合いに「比例は、共産党」とお広げ下さい。そして、安倍政権退場の明確な審判を!。日本共産党を大きく躍進させていただき、新しい政治の扉をご一緒に開きましょう。よろしくお願いします。

前の記事

私を知る若者2人組が、私が演説をするということで、待っていてくれ激励してくれるうれしい出来事がありました

四日市市で宣伝をする中野たけし 激励が相次ぐ中訴える中野たけし 訴える中野たけし 今日は雨の中ですが、激励の数、「頑張ってよ」「入れるよ」「ぶれない共...

次の記事

市民と野党の共闘の更なる発展と、日本共産党躍進を勝ちとる力量をもった党への発展めざして引き続き頑張ります

選挙結果報告と今後の決意を述べる中野たけし 名古屋市金山駅前で、東海比例5候補がそろっての宣伝 訴える中野たけし 選挙結果の報告と決意を述べる本村衆院...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このページをシェア