高岡市のコミュニティバス、本年度で廃止!?

2017年12月28日 12時36分59秒 by

今朝(12月28日)、北日本新聞一面を見て一気に目が覚めました。
「高岡コミュニティバス、本年度で廃止」と大きな活字がおどっているではありませんか。

高岡市が財政難で経費節減のため、中心市街地で運行しているコミュニティバス2路線を、本年度末で廃止するという方針を固めたということです。

私は、地域住民の声をもとに12月議会で、病院通いや買い物支援など、高齢化に対応した路線の確保、コミュニティバスの路線や便数の拡大に向けた計画を求めたばかりでした。

北陸新幹線が開通し東京へ速く行けるようになったのはいいけれど、あいの風高岡駅や新幹線新高岡駅に250億円ものお金をつぎ込んで、その結果が高齢者を中心とした地域住民にしわ寄せがくるとはあまりにもひどいではありませんか。

既に沿線住民や関係者に説明しているとのことですが、私たち議員が聞いたのは新聞報道があってから、というのもどうなんでしょう。

ちなみに、記事中の12月定例会の一般質問の回答は、私の質問に対する回答です。高岡市は、コミュニティバスの沿線住民はもとより、コミュニティバスの増便をもとめる声に対して、しっかりと説明してもらいたいものです。

前の記事

地域と暮らし・福祉・教育重視の予算へ。来年度予算要望

高岡市2018年度予算要望書提出 2017年12月21日 高岡市長 髙橋正樹様 日本共産党呉西地区委員会 委員長   坂本洋史 日本共産党高岡市議団 金平直巳 ...

次の記事

高岡市の空き家対策、財政危機問題を問う(12月議会質問から) 「あつこ通信 № 3」 

あつこ通信 No.3より 引き続き、12月議会での高瀬議員、日本共産党高岡市議団の質問と、市当局の回答を紹介します。 危険空き家に対するスピード感をもっ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このページをシェア