一般質問を終えました

2018年03月15日 10時13分07秒 by

山県市議会議員、福井かずのりです。

昨日の市議会の一般質問、ヒ素埋め立て問題、美谷学園児童養護施設の移転反対の経緯、国保県単位化への方針について、市長の政治姿勢をただしました。市民の傍聴者の方が18名来ていただきました。昨日は1時間余りの取材を受けました。しかし、今朝の新聞記事にはガッカリ・・。

児童養護施設の移転反対では、反対派が市と何度も打ち合わせ。美谷学園が説明会開催を市を介して地元自治会に何度も依頼するが開催拒否。一方で市は、学園が地域住民に丁寧な説明をするようにと要請して誤ったメッセージを送っています。

市の開示請求に公開された記録から具体的に追及したのに、新聞記事は一切触れず市長の答弁を紹介する記事だけでした。山県市民報にきちんとした記事を掲載して、HPにアップしたいと思います。傍聴された方々もこの記事を見て、なに?と思われたでしょう。美谷学園の児童養護施設の移転問題はまだ終わっていません。

ヒ素埋め立ては市長が山県市にしないことを表明しました。ヒ素溶出量データも確認せず、遮水シートの耐久性は15年しかないのに確認もせず、市民を健康被害から守る本来の職務の怠慢と言わざるを得ません。基準の10倍のヒ素埋め立てを議会に報告もせず進めた議会軽視の対応も批判しました。

国保県単位化の問題は、法定外繰り入れの継続を表明し、国の負担率引き上げの要請は引き続き要請していくと答弁しました。30年の国保値上げはしないとの表明は、昨年6月の市議会の私の一般質問で答弁していました。山県市民報は今月中に頑張って発行します

前の記事

衝撃!児童擁護施設受け入れ拒否

山県市議会議員の福井かずのりです。怒りに震えています。 子育て日本一をめざす山県市政に最大の汚点。児童養護施設の移転に地元自治会が反対署名を集めた。...

次の記事

質問後、早速街頭から市政報告

山県市議会議員の福井かずのりです。 今日は朝から伊自良湖の観光拠点整備事業による『ラブレイク』オープンセレモニー、昼から美山地域で宣伝カーで街宣、6...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このページをシェア