第91回メーデー中津川集会へ

2020年05月05日 10時48分02秒 by

5月1日、中津川市委員会も参加している、東濃地区労働組合協議会は、

第91回メーデー中津川集会を東労協で行いました。

日本共産党中津川市委員会より、たかみ信義市議が参加しました。

メーデーは1868年5月1日、アメリカの労働者が1日8時間労働を要求したことからはじまったもので、今年は日本初開催から100年目の記念すべきメーデーでした。

新型コロナウイルス感染症対策により、今年度はデモ・集会を取りやめ、換気や感染防止策をとりながら、代表者のみで行われました。

1日8時間働けば、安心して暮らせる社会のために、運動を続けている各団体からの発言がありました。

どの団体も平和のため、市民の生活のため信念を掲げ運動され、これまでもたくさんの労働に関する相談を受け付けてきたことや、新型コロナウイルス感染症対策による自粛要請、収入減の影響、労働者・子どもたちへの影響が懸念され、多くの心配事が生まれていること、市民の生活をよりよくするため「困った」の声を救い上げ、これからも力をあわせていきたい、との発言がありました。

今年度はメーデー特別宣言も追加され、感染拡大防止のため自粛要請による収入減への補償は、憲法上の要請との宣言が出され、全会一致で可決されました。

詳細は写真のメーデー宣言をご覧ください。

前の記事

民報なかつがわ 5月3日号

中津川市内のしんぶん赤旗日曜版に折り込んでいます、「民報なかつがわ」。 5月3日号です。ぜひご覧ください。 過去の民報なかつがわはカテゴリー「地方自...

次の記事

若者応援 しんぶん赤旗電子版6月20日まで無料

いまとこれからのためのNEWSです 若者応援 しんぶん赤旗電子版6月20日まで無料  10代20代の青年・学生限定ですが、しんぶん赤旗電子版を無料で閲...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このページをシェア