がっとう 義博 (月東 義博)

日本共産党名古屋熱田・中村・中川地区委員長

がっとう 義博

月東 義博

子ども・若者の可能性のばす社会に

すべて表示

プロフィール

生年月日1958年1月5日
趣味絵を見ること

略歴

1983年名古屋大学理学部化学科卒業
1986年学習塾を開業
2010年日本共産党南西地区常任委員
2014年日本共産党南西地区委員長

私の歩み

子ども一人ひとりの可能性と向き合い 

大学卒業後入った名古屋大学出版会での編集の仕事を辞めて、勉強でつまづいている子どもたちの力になろうと、学習塾を開設。子どものタイプも、つまづき方もいろいろ。一人ひとりに合った学習を辛抱強く追求しました。この仕事でも、また党の活動でも、だれにも可能性があること、そして、すぐには成果にならなくても一所懸命やったことは必ずいつかどこかで力になることを学びました。

 

地域・市民の共同を広げ

ロッキード事件と不破哲三日本共産党書記局長の国会質問で、カネにまみれ、侵略戦争と認めない自民党政治の正体を知り、変えなければと日本共産党に18 歳で入党。名古屋大学生協の活動にも参加し、協同と連帯の考えを学びました。卒業後、江川線の都市高速道路建設から環境を守る住民運動にとりくみ、署名や申し入れなど名古屋高速公社にねばり強く働きかけ、騒音の拡大を防ぐ吸音板を設置させました。
2010 年に日本共産党の職員に、そして党名古屋南西地区委員長に。子どもの貧困を広げ、若者の希望を奪う安倍政治を何としても変えたいと、共同の輪を広げるために日夜奮闘しています。

 

すべて表示

政策

いのちとくらし、憲法をまもる
貧困なくし格差をただして経済に民主主義を

  • 安保法制=戦争法は廃止、自衛隊は南スーダンから撤退を
  • 憲法改悪許さず、9条を生かした平和外交を
  • 消費税10%を中止し、大企業・富裕層から応分の負担を
  • 社会保障削減から充実へ転換を
  • 学費を10年で半額に、本物の給付型奨学金制度を
  • ブラック企業一掃、中小企業支援とセットで最賃1500円に
  • 中小企業振興と大企業の横暴規制を車の両輪で格差是正を
  • TPPから撤退し、平等・互恵の経済関係を
  • 原発再稼働を許さず、原発ゼロの日本を

メッセージ送信

以下のフォームより、がっとう 義博さんへメッセージを送ることができます。




送信ボタンを押したら確認画面無くすぐに送信されます。

このページをシェア