いたくら 正文 (板倉 正文)

日本共産党一宮・尾北地区委員長

いたくら 正文

板倉 正文

歩く生活相談所、福祉と医療を守りぬく

すべて表示

プロフィール

誕生日1958年4月10日
趣味落語、釣り

略歴

1981年佐野眼科勤務
1982年日本福祉大学社会福祉Ⅱ学部卒業
1991年千秋病院勤務
1995年~2007年一宮市議会議員(4期16年)
2017年日本共産党 一宮・尾北地区委員長

私の歩み

 

いのちの現場で貧困を目の当たりに

姉からのすすめで大学で福祉を学び、学生時代は生活保護問題研究会で活動するなかで貧困に苦しむ方と接する毎日でした。
大学を卒業後に、佐野眼科、千秋病院に勤め、貧困などによって通院が途絶えた患者の担当を任され、「カネの切れ目が命の切れ目」という現実を目の当たりにしました。こんな社会はおかしい、変えなければ――こうした強い思いから一宮市議に挑戦し、当選。4期16年、病院勤務の経験を生かして医療・福祉の専門家として議会で奮闘するとともに、「歩く生活相談所」として議員のときも、今も生活相談活動をライフワークにしています。

市議時代の経験を国政で生かす

一宮市議時代、生活相談のなかで高い国保税に苦しむ子育て世代の悲痛な声が寄せられました。議会で「子どもが生まれたら国保税が上がるのはおかしい。せめて子どもの均等割り(1人1人に均等にかかる税)はなくすべき」と提案して18歳以下の子どもがいる世帯の国保税の引き下げを実現。「助かった」と多くの方から喜ばれました。
暮らしや福祉をこわす安倍政権では子どもの貧困もすすむばかりと、憤る思いがつのり、何としても政治を変えたいと国政への挑戦を決意しました。市議時代の経験を生かして全力でがんばります。

すべて表示

政策

「安倍政権を倒そう」の声を日本共産党へ

  • 森友・加計疑惑など国政の私物化ストップ
    憲法破壊、民意無視の安倍暴走政治に退場の審判を

  • 北朝鮮問題は制裁とともに米朝の対話による解決を
    安保法制=戦争法を廃止し、立憲主義の回復を

  • 消費税10%ストップ、応能負担の税制改革を
    格差と貧困をただす経済政策に転換を

  • 安倍政権による憲法9条の改定をゆるさず、
    9条にもとづく平和の外交戦略を

  • 核兵器禁止条約に参加する政府をつくり、
    核兵器廃絶の先頭にたつ日本に

    野党+市民の共同で政治を変えよう

メッセージ送信

以下のフォームより、いたくら 正文さんへメッセージを送ることができます。




送信ボタンを押したら確認画面無くすぐに送信されます。

このページをシェア