小西 直樹 (こにし なおき)

日本共産党 富山市議会議員

小西 直樹

こにし なおき

実直に、信念つらぬく  いのち・くらし守る富山市政に

活動報告

  • 記事がまだありません
  • 記事がまだありません
  • 記事がまだありません
  • 記事がまだありません

すべて表示

プロフィール

日本共産党 富山市議会議員
家族長男夫婦は孫二人と隣家に住む。長女は広島で言語学・方言の研究者として暮らす。

略歴

1945年1月第2次世界大戦中、祖父母、両親、兄が暮らしていたサハリン(旧樺太)で生まれる。
1947年7月祖父の故郷・富山市浜黒崎へ。母のお腹には妹が。
1960年3月富山市立浜黒崎小、北部中卒。
1963年3月富山県立富山工業高校機械科卒。
1963年~2013年日本海重工業、新日本海重工業に勤務。戦後の混乱を体験しただけに、反戦・平和を思い、職場では労働組合の運動に加わり、23歳のとき、日本共産党の一員に。
2016年11月6日富山市議補欠選挙に立候補、初当選。

私の歩み

富山市議の報酬月額10万円アップと政務活動費の不正取得に市民の大きな怒りの中で、13人の議員が辞職して、11月に補欠選挙が行われました。新しい議会で議員報酬アップの撤回、政務活動費のあり方・議会の改革も進み始めています。

私は、不正や不公平を許さない市民と思いを一つに、力をあわせ、富山市議会を民主的で活発な議論を尽くす議会へ改革し、市民の願いが届く、清潔で住みよい富山市をめざし、全力でがんばります。

 

小西直樹

すべて表示

政策

【公約・政策】

公約

  • 政務活動費不正の全容解明・再発防止のため、実行力のある機関=百条委員会を議会に設置を
  • 不正、疑惑の議員がいる限り、真相解明が進まない限り、議会として政務活動費はゼロに
  • 質問制限を無くして、議会の活性化、インターネット・ケーブルテレビ中継など、議会の「見える化」を促進
  • 「年3回まで、答弁を含め1人90分以内」という「一般質問」の発言制限をなくす
  • 子ども医療費は所得制限なしで、中3まで窓口無料に
  • 35人学級を全学年で、学級担任は正規教員で
  • 小中学校の普通教室にクーラー設置
  • 学童保育の拡充で安心の子育てを
  • 高齢者の「買い物困難」対策
  • 住宅リフォーム・商店リニューアル助成度を創設
  • 学校や公民館、地区センターの耐震化

活動フォト

すべて表示

Facebook

メッセージ送信

以下のフォームより、小西 直樹さんへメッセージを送ることができます。




送信ボタンを押したら確認画面無くすぐに送信されます。

このページをシェア