田上 みつのり (たがみ 光徳)

日本共産党尾張中部地区委員会副委員長

田上 みつのり

たがみ 光徳

働く人の権利守った経験いかして

すべて表示

プロフィール

生年月日1951年10月23日

略歴

1973年~2003年自治労連愛知県本部書記局。この間、自治労連中央執行委員、同愛知県本部書記次長、副委員長
2003年西春町議選に立候補
2006年北名古屋市議選に立候補
2017年~日本共産党尾張中部地区副委員長

私の歩み

苦しむ人の声を聞き、解決へ即行動

自治体の労働組合運動に30年間参加。路上や公園で生活する人、仕事にあぶれて職安前で途方にくれる人たちの声を聞き続けるなど、つねに現場に足を運んで実態を把握し、問題解決のために全力をあげてきました。1970年代半ばの大不況の時代、国鉄名古屋駅には失業して行き場を失った人たちであふれていました。9時間かけて彼らの悲痛な叫びを聞き、労働組合の新聞を通じて世間に知らせ、こんな理不尽な社会を変えようと訴えました。

「住民こそ主人公」を貫く即戦力

北名古屋市(旧:西春町)に住んで43年。保育所をつくってその責任者をつとめたり、学校から体罰をなくす運動、国が押しつけた平成の大合併に反対する運動、〝住民こそ主人公〟の自治体をつくる運動の責任者を引き受けるなど、つねに住民の願い実現の先頭に立ってきました。安倍政権のもとで住民のくらしは悪くなるばかりです。安倍暴走を何としてもストップさせるためにがんばります。

すべて表示

政策

「安倍政権を倒そう」の声を日本共産党へ

  • 森友・加計疑惑など国政の私物化ストップ
    憲法破壊、民意無視の安倍暴走政治に退場の審判を

  • 北朝鮮問題は制裁とともに対話による解決を
    安保法制=戦争法を廃止し、立憲主義の回復を

  • 消費税10%ストップ、大企業と富裕層に応分の負担を
    格差と貧困をただす経済政策に転換を

  • 安倍政権による憲法9条の改定をゆるさず、
    9条にもとづく平和の外交戦略を

  • 核兵器禁止条約に参加する政府をつくり、
    核兵器廃絶の先頭にたつ日本に

    野党+市民の共同で政治を変えよう

メッセージ送信

以下のフォームより、田上 みつのりさんへメッセージを送ることができます。




送信ボタンを押したら確認画面無くすぐに送信されます。

このページをシェア