渡辺 ひろし (わたなべ 裕)

日本共産党尾張南地区副委員長

渡辺 ひろし

わたなべ 裕

若者の声を聞き、寄り添い、変えていく。

すべて表示

プロフィール

生年月日1980年8月11日
趣味ドライブ・写真撮影

略歴

1998年3月愛知県立稲沢高等学校 卒業
2000年3月東海興業専門学校 卒業
2000年4月建設会社に勤務
2007年9月民青同盟愛知県委員会 県常任
2010年2月民青同盟愛知県委員会 副委員長
2014年2月党尾南地区委員会 常任
2015年7月党尾南地区委員会 副委員長

私の歩み

仕事は楽しい、でもパワハラでブラック

専門学校を卒業してから入った建設会社での仕事は、やりがいに満ちたとても楽しいものでした。しかし、現場ではパワハラが横行しており、何人もの同僚が会社を辞めていきました。そして自身も、体力的にも精神的にも限界を感じて退職。バイトを転々としながら、同じように苦しさを抱えながら働いている若者の姿を何人も目にしました。

若者の声を直接聞く

加盟していた民主青年同盟では、仲間とともに宣伝行動に取り組み、同世代の声を直接聞きました。「就職先がない」「奨学金の返済が大変」「給料が安くて将来が不安」など、ここでも多くの若者の切実な実態に直面しました。

苦しさの背景には、社会の仕組みのおかしさがある

「多くの若者が抱えている苦しみを解決するためには、政治が変わらなければいけない」――。民主青年同盟愛知県委員会の副委員長として、名古屋駅周辺でネットカフェ難民の実態調査を行い、その結果をもとにネットカフェ難民の安定的な仕事と居住の確保を支援するよう愛知県に対して求める活動を行ってきました。

きらっとひかる個性が大切にされる社会へ

多くの若者と接した中で感じたことは、困難な状況にあっても、誰でも皆きらっとひかる部分を持っているということです。それがもっと大切にされる社会を目指して、若者の声を聞き、寄り添い、変えていきます。

すべて表示

政策

いのちとくらし、憲法をまもる
貧困なくし格差をただして経済に民主主義を

  • 安保法制=戦争法は廃止、自衛隊は南スーダンから撤退を
  • 憲法改悪許さず、9条を生かした平和外交を
  • 消費税10%を中止し、大企業・富裕層から応分の負担を
  • 社会保障削減から充実へ転換を
  • 学費を10年で半額に、本物の給付型奨学金制度を
  • ブラック企業一掃、中小企業支援とセットで最賃1500円に
  • 中小企業振興と大企業の横暴規制を車の両輪で格差是正を
  • TPPから撤退し、平等・互恵の経済関係を
  • 原発再稼働を許さず、原発ゼロの日本を

メッセージ送信

以下のフォームより、渡辺 ひろしさんへメッセージを送ることができます。




送信ボタンを押したら確認画面無くすぐに送信されます。

このページをシェア